様々な最新家電が出ていますが、最新の掃除機にはデメリットもまだまだ有ります。私は安くなってから買うつもりです。

掃除機の今と昔 家電の将来を考える

最新家電の中で掃除機は様々な商品が出ています

最近新しい家電が沢山出ていますが、我が家は割と家電は古い機種を使っています。
掃除機は私が一人暮らししていた時に購入した10年ほど前の物で洗濯機も私が1人暮らし時代に購入した物ですが、昔から有る旧型の物です。

古い掃除機に慣れている為に全く使い勝手が悪いとは思いませんが、最近の掃除機は良いなあと思う所はゴミが溜まる場所が透明でどの位貯まったのか直ぐに確認する事が出来るという所です。

旧型の掃除機は知らない間にぱんぱんになっている事が多く、ゴミが溜まりすぎて吸い込む力が弱くなってようやく気が付く事が多いです。

気がつかないと折角掃除機をかけているのに全然ゴミが吸えていなかったりします。

最近の掃除機はそのような事が無いようなので良いなと思います。
更に吸いこむ力が今までの掃除機よりも強く、部屋が綺麗になるそうなのですが、これらの最新版の掃除機にも悪い部分は有るようで、それは掃除機の重さが重いという事です。

機能や作りがしっかりしているから仕方の無い事でしょうが、掃除機を2階に持ってあがったりするのはしんどいなと思います。
そしてもう1つはまだまだ価格が高いという所です。

新しい製品は高いのは当然ですが、それならもっと安くなってからで良いと思ってしまいます。
他にもお掃除ロボや片手で出来る掃除機等様々な商品が出ています。
便利な商品は欲しいですが、もう少し気軽に購入出来る価格になるまで私は待とうと思いますし、その頃には製品の改善点もなおっていると良いなと思います。

Copyright (C)2017掃除機の今と昔 家電の将来を考える.All rights reserved.